2010年12月アーカイブ

長野杯2010

champion.jpg

【12月17日 18:00更新】

多くの人が期待しつつも「流石にそれはないだろう」と思われた石原の3連覇。しかし蓋を開けてみたら、本当に3連覇していました。

おめでとう、石原隼!! これで「長野チャンプwww」!!

写真を含めた記事は Twitter (http://twitter.com/mrcid) もご覧下さい。


Quarterfinals Semifinals Finals Champion
1 Gotou, Kousuke
(Tokyo / Esper Control)
Ishihara, Jun 2-0
8 Ishihara, Jun
(Nagano / UWr Control)
Ishihara, Jun 2-1
4 Tsuchiya, Hideaki
(Nagano / Landfall Boros)
Tezuka, Yuuki 2-1 Ishihara, Jun 2-0
5 Tezuka, Yuuki
(Nagano / BR Beatdown)
2 Noguchi, Keita
(Nagano / BU Control)
Noguchi, Keita 2-1
7 Natsume, Takuya
(Yamanashi / Mono-W Weenie)
Noguchi, Keita 2-0
3 Anzai, Kouta
(Nagano / UW Control)
Anzai, Kouta 2-1
6 Matsumura, Hideaki
(Nagano / BR Beatdown)
関連記事 / Feature Match 順位
[Video] Feature Match : 決勝 - 石原隼 vs. 野口敬太 by 赤青の人
[Video] Feature Match : 準決勝 - 石原隼 vs. 手塚雄樹 by 赤青の人
[Video] Feature Match : 準々決勝 - 土屋英明 vs. 手塚雄樹 by 赤青の人

Feature Match : 決勝 - 石原隼 vs. 野口敬太 by びぶりお / Edited by Mr.Cid
Feature Match : 準決勝 - 野口敬太 vs. 安西孝太 by びぶりお
Feature Match : 準々決勝 - 後藤浩介 vs. 石原隼 by びぶりお
Feature Match : 第4回戦 - 安西孝太 vs. 平林祐樹 by びぶりお
Feature Match : 第3回戦 - 古田祐介 vs. 藤澤将 by びぶりお
Feature Match : 第2回戦 - 石原隼 vs. 平林祐樹 by びぶりお

TOP8 Decklists by 赤青の人 (Kung Fu Magic)
Archtype Breakdown
Prefecture Breakdown
長野杯とは? by Mr.Cid
不戦勝獲得者一覧 by Mr.Cid (COP:MTG)
長野杯2010 Factsheet by Mr.Cid
Round 6
Round 5
Round 4
Round 3
Round 2
Round 1

by びぶりお / Edited by Mr.Cid

final_1.jpg

3連覇の掛かった石原と、プレッシャーに弱いと豪語?する野口による決勝。泣いても笑ってもこれが長野杯2010最後の試合だ。

面白ダイスロールにて、石原の先攻が決まる。

by びぶりお

既に長野では古参の野口は、青黒。ニューカマーの安西は青白。

Archtype Breakdown

7 青白コントロール
6 白単ウィニー (装備ウィニー含む)
3 緑赤ヴァラクート
3 赤単ビートダウン
2 黒赤ビートダウン
2 青黒コントロール
2 黒単吸血鬼
11 その他 (各タイプ1名ずつ)

by びぶりお

(笑笑)を超える「www」の称号を獲得するために、8位で滑り込んだ石原 (長野) と、IDでも通過可能であるのにガチで遣り合って1位で勝ちあがった後藤 (東京) が激突。

Standing after Round 6

Standing after Round 5

by びぶりお

Standing after Round 4

by びぶりお

古田は先週のトライアルで不戦勝を獲得しての参戦。一方の藤澤は神奈川県からの参戦であるが、過去の長野杯にも参加経験があり、決勝ラウンドまで残った実績がある。

Standing after Round 3

by びぶりお

Standing after Round 2

Prefecture Breakdown

32 長野
4 山梨
1 東京
1 神奈川
1 埼玉
1 茨城
1 愛知

Standing after Round 1

長野杯とは?

by Mr.Cid

nagano_cup_2010_logo.jpg

今年で実に11回目を迎える事となった、長野県最大の MTG イベント「長野杯」。

「長野杯」の歴史は、1999年11月23日に松本市で行われた「第1回 P&H 杯」に端を発します。この大会はゲストに中村聡氏 (1998年アジア太平洋選手権優勝者、現在は各種カードゲームのデザイナー) を迎えたという事もあり、この時点での長野県内開催大会では最高記録となる参加者100名オーバーの大会となりました。

この際、「ここで優勝した人は99年度長野チャンピオン (非公認) を名乗って良い」と言う提案がなされ、この大会の成功を受けて本格的に「全県を巻き込んだイベント」として「長野杯」の企画が動き始めました。

予選通過者のみが参加可能なイベントとして2000年に最初の長野杯が開催され、マイナーチェンジを経て2009年から誰でも参加可能なオープンイベント (予選に該当するイベントとして、本戦での不戦勝を獲得出来るトライアルが行われています) となり、現在に至っています。

また、その年の長野杯優勝者を「長野チャンプ (笑)」と呼ぶ伝統があります (「(笑)」まで含めて肩書きです) 。

長野杯2010 Factsheet

okaya_shimin_meeting_room.jpg

開催日
2010年12月4日 (土曜日)
10:00~10:30 受付

会場
岡谷市民ミーティングルーム
長野県岡谷市中央町2-2-1 イルフプラザアミューズメント2階
JR岡谷駅より徒歩6分

フォーマット
Standard (M11,ZEN~SOM)

参加費
1,000円

エントリー方法
当日受付のみ