Feature Match - 第4回戦 : 手塚雄樹 (長野) vs. 春日綾 (長野)

Written by 祭谷一斗 / Edited by Mr.Cid

3連勝ラインで、北信のライジングスター春日と、同じく北信の古豪・手塚が激突する。

勝てばベスト8進出がほぼ確定する一戦。先に切符を手にするのは果たしてどちらか。

Game 1

先攻は春日。2ターン目の《スレイベンの守護者、サリア》こそ除去されるが、2枚目が生き残ったため、これが場を支配することに。

後攻の手塚。1ターン目《墓所這い》、2ターン目《火柱》まではよかったが、2枚目の《スレイベンの守護者、サリア》に対し《戦墓のグール》を追加するのみ。そしてこれが、手塚がこのゲームで唱えた有効牌のほぼすべてだった。

《血の署名》こそ引くが、引けども引けども土地土地土地。やっと引いた《ゲラルフの伝書使》も、前のターンにゾンビを指定した《ガヴォニーの騎手》が戦場に出ている間の悪さ。春日が6ターン目にフルアタックした所で、1ゲーム目は手塚の投了となった。

手塚 0-1 春日

Game 2

2ゲーム目のファーストアクションは、それぞれ《悪名の騎士》と《スレイベンの守護者、サリア》。《スレイベンの守護者、サリア》こそ生き残るが、先攻の手塚優位でダメージレースは進む。

手塚の《ファルケンラスの貴種》、《雷口のヘルカイト》をそれぞれ《忘却の輪》する春日だったが、この時点でライフは既に8。手塚の6ターン目、《悪名の騎士》アタック後の《灼熱の槍》で春日のライフは2に。

2点? 《血の署名》を、あなたに。

手塚 1-1 春日

Game 3
r4.jpg

後手の手塚、《沼》《魂の洞窟》の土地二枚ハンドを苦渋のキープ。が、先手の春日は、《教区の勇者》が手札にあるとは言え、土地1枚の手札をキープすると言う大胆な判断を下す。

そんな春日であるが、ライブラリーがそれに応える。トップから3ターン連続で土地が供給されると、《アヴァブルックの町長》、《栄光の騎士》、《ガヴォニーの騎手》と続き、そのたびに《教区の勇者》はサイズを増していく。

一方の手塚。《血の墓所》ドローが2ターン目となり、その時点で《教区の勇者》と《栄光の騎士》の除去を迫られるなど、イマイチかみ合わない。

《栄光の騎士》こそ《火柱》したものの、次々と育つ《教区の勇者》が止まらない。《ゲラルフの伝書使》の返しには、ゾンビを指定した《ガヴォニーの騎手》と、終始後手後手に回ってしまう。

結局5ターン目に《管区の隊長》が出ると手塚は投了。春日がベスト8一番乗りを果たした。

「1ターン目に《教区の勇者》が出るし、マリガンはイヤだった。」とは試合後の春日の談である。

手塚 1-2 春日