Feature Match - 第5回戦 : 角川義一 (長野) vs. 小宮山健一郎 (山梨)

Written by 祭谷一斗 / Edited by Mr.Cid

r5.jpg

勝てば最終戦に望みをつなぎ、負ければ即脱落。

一敗ライン、崖っぷちの一戦をお届けする。

Game 1

先手は角川。2ターン目《無形の美徳》、3ターン目《未練ある魂》と続く。

小宮山は1ターン目《墓所這い》、2ターン目《墓所這い》と《戦墓のグール》、3ターン目《墓所這い》と《悪名の騎士》と、マナをすべて使い切る立ち上がり。

ノーガードで殴り合う両者だが、この試合では先攻の角川に分があった。4ターン目の《ドルイドの保管庫》から《未練ある魂》をフラッシュバック。次ターンに《ガヴォニーの居住地》を起動しつつ、あえてショックインでライフを4にしてからの窮地での《農民の結集》。この時点で角川の土地は沼二枚と《魂の洞窟》しかなく、火力2枚や《硫黄の流弾》は無いと割り切ったプレイだ。

ほどなく小宮山のライフはゼロを割った。

角川 1-0 小宮山

Game 2

このゲームも《墓所這い》からスタートした小宮山。角川は《寺院の庭》をアンタップインしつつ《アヴァシンの巡礼者》でマナを伸ばす。

2ターン目の小宮山はアタック後、2枚目の《墓所這い》を追加。角川は《草むした墓》アンタップインからの《未練ある魂》と攻め手を並べる……のだが、ここで小宮山のライブラリートップにはは、これに対する最高の回答である《忌むべき者のかがり火》が。

X=1で盤面を一掃し、《墓所這い》2体でアタック。続くターンに《ゲラルフの伝書使》を戦場に追加すると、逆転の目がない事を悟った角川は投了を選択した。

角川 1-1 小宮山

Game 3

角川の先行ではあったが、先に動いたのは小宮山。

三度1ターン目に登場する《墓所這い》。対する角川のファーストアクションは2ターン目の《農民の結集》。2枚目の土地がない小宮山は、《墓所這い》でアタックした後、《戦墓のグール》を戦場に加える。

ここからの角川、《無形の美徳》、《農民の結集》、《ドルイドの保管庫》から《未練ある魂》と毎ターンカードを展開して一気に畳みかける。

対する小宮山も、《魂の洞窟》、《沼》と引き《吸血鬼の夜鷲》を出して抵抗……してはみるものの、返しの角川は《未練ある魂》のフラッシュバックから《ガヴォニーの居住区》を戦場へ。トークン軍団がアタックし、《ドルイドの保管庫》にカウンターが乗り……。

角川 2-1 小宮山