Feature Match - 準々決勝 : 角川義一 (長野) vs. 松村英昭 (長野)

Written by 祭谷一斗 / Edited by Mr.Cid

今回2bye発進だった角川。4勝1敗からのスイスラウンド最終戦を勝利で飾り、見事トップ通過を果たした。《ドルイドの保管庫》をキーカードに据えたドラントークンデッキであるが、メインにクリーチャー除去カードは一切なし。非常に尖った構成が特徴だ。

対するは、1回戦にて「赤緑」「ぴかちゅう」こと網野との新旧長野マスコット対決を制した、「マゾ村」「槍」こと松村。今年は4連勝2IDと危なげなく決勝進出を決めて来た。実は3年連続ベスト8に進出している松村であるが、過去2回は準々決勝で敗れているだけに、今年こそはとの思いは人一倍だろう。

こちらもデッキはドラントークン。デッキ構成こそオーソドックスだが、プレイに使用するマットは極めてオリジナル、通称マゾリウス・マット。印刷されたキャラクターをよく見ると、さまざまな顔がすべて松村 (正確には彼に非常に良く似た芸能人) のそれに差し替えられている。どれだけ自分好きなんだと思われるかもしれないが、これは予選ラウンドで敗れたチームメイトから託された物だ。持つべきは友人である。

ドラントークン同士の対決となったこの一戦。準決勝への切符を手にするのはどちらか。

Game 1

ダイスロールで角川が先手を選択。角川は《草むした墓》のタップイン。一方の松村は《東屋のエルフ》を戦場に投入。

松村は2ターン目《議事会の招集》、3ターン目《セレズニアの声、トロスターニ》とマナカーブに沿って戦力を追加して行くのだが、角川の動きはその遥か上を行っていた。3ターン目に《未練ある魂》を唱えると、4ターン目には《ドルイドの保管庫》から《未練ある魂》フラッシュバック。次いで《ガヴォニーの居住区》をセットし、《高まる献身》をプレイ。

溢れんばかりのトークンを前に除去を引けなかった松村、ここで投了。

角川 1-0 松村

Game 2

松村の《東屋のエルフ》、角川の《アヴァシンの巡礼者》から2ゲーム目はスタート。

松村の2ターン目、セットランドこそ無いものの、《アヴァシンの巡礼者》、《東屋のエルフ》とマナクリーチャーを展開。対する角川は《未練ある魂》でトークンを投入。

3ターン目に《国境地帯のレインジャー》を引き、待望の《平地》をセットする松村は、更に《アヴァシンの巡礼者》を追加してマナを伸ばす。これに対し角川、《無形の美徳》をキャストしアタック、戦闘後に《東屋のエルフ》。ダメージ面のイニシアティブを握る形に。

この状況で松村が動く。まず《血統の切断》でトークンを一掃すると、返しに角川がキャストした《未練ある魂》フラッシュバックにも、有り余るマナを生かした《血統の切断》フラッシュバックで対抗。加えて松村は《原初の狩人、ガラク》をキャスト、無事着地するとトークンを出し、《未練ある魂》を表裏でキャストし、盤面を握り始める。

押せ押せムードの松村だが、角川も負けていない。《未練ある魂》を表裏でキャストし、《無形の美徳》を追加してアタック。ライフレース勝負に持ち込もうとする。

だが、松村はこの攻撃をすべてスルーした。なぜなら、2ターン前から松村の手には《集団的祝福》が握られていたから。松村のアタッカーは10体、対する角川のブロッカーは4体。

角川 1-1 松村

Game 3
qf.jpg

泣いても笑っても最終戦。

両者、《森》から《アヴァシンの巡礼者》でゲームスタート。

角川は《ガヴォニーの居住区》セットから《未練ある魂》、土地の無い松村は《無形の美徳》を設置。黒マナの出ない角川は《無形の美徳》を置きアタック。土地を引いた松村は《未練ある魂》。

4ターン目に《無形の美徳》2枚目を追加した角川は松村を攻め立てる。やられてばかりもいられない松村は《未練ある魂》のフラッシュバックで迎撃の構えを見せる。ここで角川は土地が止まり、何もせずターンエンド。好機と見た松村は《アヴァシンの巡礼者》へ《突然の衰微》を打つのだが、これには対応して《深夜の出没》。

1マナ失った返しの角川のドローは……待望の3枚目の土地! 《ドルイドの保管庫》を出してのアタックから、次ターン《高まる献身》、次いで《ガヴォニーの居住区》起動と相手を追いつめる。松村も《血統の切断》するが、いかにも苦しい。

1度目の《高まる献身》こそ松村の《血統の切断》2枚目で対処されるが、《未練ある魂》表裏、トークンアタックからの《ドルイドの保管庫》で、《高まる献身》をフラッシュバック。物量で圧倒する角川。とは言え、松村もここで土地を引けば、墓地にある2枚の《血統の切断》に手が届く。

そんな祈りを込めた松村のドローは……《アヴァシンの巡礼者》。

松村、今年も無念の一没。

角川 2-1 松村